大阪府民の森・ぬかた園地・あじさいまつり2019(3)


あじさいまつり大阪府民の森・ぬかた園地までは、ケーブル生駒山上駅からあじさい新道を通って20分くらいですが、麓からだと、近鉄石切駅から「逗子谷コース」、額田駅から「摂河泉展望コース」で、途中休憩なしで1時間半くらいかかります。車椅子でも上がれると言われる「らくらく登山道」は傾斜がゆるい分、距離が長いので、2時間くらいかかるでしょう。

地形図を見ると、「逗子谷コース」の途中から、あじさい園の案内所のところに通じる道があるように見えます。水車の先の谷が2つに分かれるところを右に入るのですが、少し先で谷から外れて左の尾根に上がっていくようになっていました。地形図では道は途切れていて、一部分笹薮が道を覆っているところがありましたが、ほぼはっきりした道が続いていて、送電塔を通って、「逗子谷コース」からの道に出るようになっていました。GPSがあって、尾根を外さないように注意していれば、迷うことはないでしょう。この近道を使うと、あじさい園に30分くらい早く着くと思います。

1ヶ月くらい楽しませてくれたあじさいもそろそろなごりのような感じになってきました。案内所が開いていて、アイスクリームやお茶を売っているのも明日までです。




コメント

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

ベトナム・ハスの花の国

ベトナム情報サイト

マニラ、ニノイ・アキノ国際空港、第2ターミナル