投稿

4月, 2019の投稿を表示しています

台北・龍山寺

イメージ
台北の龍山寺は、ガイドブックにも大きく載っていて、観光でも良く行くところだと思います。パワースポットだと紹介しているwebサイトもあります。ここは観音さまをご本尊とするお寺で、地元の人もたくさん来ていて、境内にある7箇所の祠に、お参りしていました。一つ一つの祠に祀られているのは台湾の仏さまや神さまで、それぞれにお参りの細かい作法はあるらしいですが、お線香をあげて手を合わせるところは日本のお寺と同じようでした。

観音さまの教えは、観音さまにお祈りすると言うよりも、巡礼をして多くの人に会って生きる知恵を学ぶのが良いと言うことらしいです。観音さまは三十三の姿で人々を救うと言うのも、三十三の種類の職業の人と会って話をして、そこから生き方を学ぶのが良いと言う意味ではないかと思います。
それで日本でも三十三ヶ所巡礼のツアーとかありますし、大きなお寺では、その中に何ヶ所か順番にお参りするところが作ってあって、巡礼したのと同じ効果があると言っていたりもします。龍山寺もそれと同じミニ巡礼の場所のようですね。
よその国の話をするときには、違いばかりに目が行って、経済ついての競争や、戦争の不安までが話題になりますが、そうではなくて、アジアの国々の間で共有するものがあると思うことは、良い将来のために大事ではないかと思います。
外国のお寺さんは、観光名所だからだけではなくて、土地の人の考え方を知るために訪れる価値があるかも知れないと思います。



・・・目次・・・

ハノイ・ノイバイ国際空港

イメージ
初めての空港に着いてから、市内へと向かい、ホテルにうまく着けるかどうかは、楽しく旅行できるかのはじめのハードルじゃないかと思います。ハノイはまだ、電車やリムジンバスなどの交通手段が整えられつつあるところです。最近、ノイバイ国際空港から市内へ行くバスが走るようになったそうです。だんだん市内の様子がわかってきたので、次に行くときは使おうと思います。

バスは運賃も日本円で150円くらいと安いですが、一系統だけで、ホテルがそのルートに近くなければタクシーを使うことになると思います。正規のタクシーなら、30万VND、日本円で1,500円くらいと言われているのですが、ハノイでは「ぼったくりタクシー」が多いです。

慣れるまでは、一人4,000円くらいかかりますが、旅行会社の送迎を使うのが安心じゃないかと思います。H.I.S.では、現地オプショナルツアーの中に送迎があります。

短い旅行なら、観光のオプショナルツアーのついでに空港に送迎してもらうのが良いかもしれません。ベトナムから日本へのフライトは深夜便が多いですが、レストランで夕食を食べて、お風呂に入って、それから空港に送ってくれるというツアーを企画している会社もあります。そうでなければ空港で待っているだけになってしまう時間をうまく使って、おいしいものを食べて、リラックスできると良いかもしれないと思います。

・・・目次・・・

ハノイ・延祐寺

イメージ
ハノイでたぶん一番有名なモニュメントは、今のベトナムの国を作るために働いたホーチミンを記念するホーチミン廟だと思います。ホーチミン廟があるエリアには、ホーチミンが執務した官邸、その仕事ぶりや生き方を紹介する博物館、ベトナム歴史を紹介する博物館や美術館のほか、官公庁や大使館が立ち並んでいます。
ホーチミン博物館の建物に向かって右側に、延祐寺の門、ベトナムのお寺に多い入口が三つある三関門があり、中に入ると清楚な観音さまの石像があります。像の前には季節の果物が供えられています。このお寺は、11世紀、李朝時代の皇帝が観音さまにお願いして子供を授かった奇蹟に感謝をして作られたのだそうですが、ホーチミンを記念するエリアのちょうど真ん中にあります。ここに来て、わたしは、ベトナムの人たちの仏教を大切にする気持ちを感じました。


果物は仏手柑というみかんの一種だそうです。

正面の建物がホーチミン博物館、右手前の黄色の門が延祐寺の入口です。

左奥の四角い建物がホーチミン廟。




・・・目次・・・


作成(4/18)

ベトナム・ハスの花の国

イメージ
ベトナムでは、国の花がハスの花で、ナショナルフラグのベトナム航空のマークもそうですが、あちらこちらでハスの花のマークを見かけます。ハスの花は仏教の象徴だから、ベトナムは仏教の国かと思いますが、どうなんでしょうか。ベトナムに行って、お寺にお参りしていろいろなことを初めて知りました。

ハノイ旅行で最初にお世話になったガイドさんは、自分は無宗教だとおっしゃっていました。宗教を超越している、と言うのが社会主義のたてまえなのですが、実際にお寺に行ったら、お線香をあげた方が良いですとおっしゃり、それからあげるときは本数は奇数でないといけないとか、3回拝んであげるとか、いろいろ教えてくださいました。

二度目のガイドさんは、無宗教なんてことはなくて、自分は年の節目には必ずお参りに行くとおっしゃっていました。ハノイで一番古い鎮国寺(チャンクウォック寺)にお参りすると幸せになり、西湖府(タイホー府)にお参りするとお金が豊かになるそうですが、ここでお祀りしているのは仏様じゃありません。どちらかという神社みたいなところです。それから聖徳寺(ハー寺)は、良い人と結婚したいというお願いにお参りする寺で、この三ヶ所が、ハノイで一番たくさんの人がお参りするところだそうです。


鎮国寺、西湖に突き出した島にあります。

・・・目次・・・

更新(4/16)