ベトナム・ハスの花の国

ベトナムでは、国の花がハスの花で、ナショナルフラグのベトナム航空のマークもそうですが、あちらこちらでハスの花のマークを見かけます。ハスの花は仏教の象徴だから、ベトナムは仏教の国かと思いますが、どうなんでしょうか。ベトナムに行って、お寺にお参りしていろいろなことを初めて知りました。

ハノイ旅行で最初にお世話になったガイドさんは、自分は無宗教だとおっしゃっていました。宗教を超越している、と言うのが社会主義のたてまえなのですが、実際にお寺に行ったら、お線香をあげた方が良いですとおっしゃり、それからあげるときは本数は奇数でないといけないとか、3回拝んであげるとか、いろいろ教えてくださいました。

二度目のガイドさんは、無宗教なんてことはなくて、自分は年の節目には必ずお参りに行くとおっしゃっていました。ハノイで一番古い鎮国寺(チャンクウォック寺)にお参りすると幸せになり、西湖府(タイホー府)にお参りするとお金が豊かになるそうですが、ここでお祀りしているのは仏様じゃありません。どちらかという神社みたいなところです。それから聖徳寺(ハー寺)は、良い人と結婚したいというお願いにお参りする寺で、この三ヶ所が、ハノイで一番たくさんの人がお参りするところだそうです。


鎮国寺、西湖に突き出した島にあります。

・・・目次・・・

更新(4/16)



コメント

このブログの人気の投稿

ベトナム情報サイト

マニラ、ニノイ・アキノ国際空港、第2ターミナル