関西ーパリ AF291/292便 エコノミークラス機内食

エールフランスAF291/292便は、関西空港(KIX)からの数少ないヨーロッパ行き便です。AF291便はKIX 10:30発、パリ、シャルル・ド・ゴール空港(CDG) 16:05着、AF292便はCDG 13:55発、KIX 翌日8:45着で、CDGで乗り継いで、ヨーロッパの主要都市にその日のうちに着けるスケジュールになっています(2019年5月18日現在)。

機内食のサービスは、出発後まずスナックと飲み物が出て、1時間半後に昼食というかメインが選べるしっかりした食事が出て、到着1時間半前に軽食が出ます。まずトレーを配って、食事中の飲み物を出して、食べ終わったところで、トレーの回収をしながら食後のコーヒー、紅茶が出ます。

AF291便の昼食は、サーモンのクリーム煮のパスタか親子丼のメイン、それにサラダ、パン、デザートにチョコレートケーキ、軽食は、チャーハン、サラダ、パン、フルーツでした。

AF292便は、メニューを持って帰ったのでもう少し詳しく分かりますが、昼食は鶏肉のソース煮、野菜の乱切り、または和風ビーフカレー、ジャガイモとニンジンとグリンピースご飯のメイン、カブとニンジンの2色サラダ、パン、デザートにソフトレモンケーキでした。軽食は、コーンとグリンピースのオムレツ、ドリンクヨーグルト、リンゴのピュレ、パンとジャム、マドレーヌでした。

日本発のAF291便は日本食っぽく、フランス発のAF292便はフランス料理っぽい感じです。メニューにはなくても、たいていの食事にチーズが付くようです。


 AF291便 昼食・軽食

 

AF292便 昼食・軽食


エコノミーのキャビンにはたくさんのお客さんがいて、CAさんたちもとても忙しそうにしているし、自分も早く食べたいと思うので、飲み物はたいてい水とコーヒーを頼んで済ませてしまいますが、アルコール、ソフトドリンクそれなりのチョイスができます。

出発後の食事と、到着前の食事の間が9時間くらいあります。その間、ギャレーに飲み物とサンドイッチなどの軽食が用意されていて、自由に食べられるようになっています。CAさんが水やオレンジジュースを持って何回か回ってきていたようですが、今回は行きも帰りも眠っていて気がつきませんでした。



コメント

このブログの人気の投稿

ベトナム・ハスの花の国

ベトナム情報サイト

マニラ、ニノイ・アキノ国際空港、第2ターミナル